眼鏡市場 ペヨンジュン 南港

アクセスカウンタ

zoom RSS 半夏生

<<   作成日時 : 2007/07/09 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

半夏生の旬な記事
それからの5日間を「半夏生」(はんげしょうず)といいます。72候の一つです。24節気をさらに細かくしたものです。地方ではたこを食べたり、焼きさばをたべたりするそうです。上の画像は同じ名前をもつ「どくだみの仲間の半夏生」です。 ...(続きを読む)


半夏生 花最新情報
四国新聞半夏生(はんげしょう)にちなんで制定された「うどんの日」(7月2日)に合わせ、30日から7日にかけて、うどんの無料接待や割引などの関連イベントが県内各地で行われる。 さぬきうどん協同組合は、2日午前11時から三越高松店前(香川県 ...(続きを読む)


半夏生 意味
四国新聞県内の農家では田植えを終えた半夏生にうどんを食べて休息する習慣があり、半夏生になることが多い7月2日を同組合が「さぬきうどんの日」に制定。接待は26回目を迎え、初夏の風物として親しまれている。 小雨にもかかわらず、午前11時の ...(続きを読む)



半夏生、サバ焼きで鮮魚店活況…福井・大野
読売新聞
夏至から11日目に当たる半夏生(はんげしょう)の2日、丸焼きサバを食べる風習のある福井県大野市では、市内の鮮魚店が活気付いた。店先では終日、サバを焼く煙が漂い、主婦らが次々に買いにやってきた。 地元では「はげっしょサバ」と呼び、江戸時代から伝わっている ...(続きを読む)


半夏生の夜、燃える炎に豊作願う 土庄で虫送り
四国新聞
半夏生の2日夜、たいまつの火で稲の害虫を追い払い、豊作を願う伝統行事「虫送り」が香川県小豆郡土庄町肥土山で行われ、子供たちが燃え盛る炎を水田にかざしながら約1キロのあぜ道を練り歩いた。 小豆島霊場四十六番札所・多聞寺で五穀豊穣(ほうじょう)を祈願し、虫 ...(続きを読む)


半夏生に丸焼きサバ 大野で買い物客次々
中日新聞
夏至から十一日目に当たる「半夏生」の二日、古くからこの日に丸焼きサバを食べる風習がある大野市内の鮮魚店やスーパーマーケットでは、サバを焼く香ばしい香りに誘われて買い物客が次々と買い求めていた。 大野市明倫町の「久保鮮魚店」では、この日だけで約三百本の ...(続きを読む)




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
半夏生 眼鏡市場 ペヨンジュン 南港/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる